リフォームを藤沢でお考えなら季木里

リフォーム 季木里 藤沢


鎌倉市 T様邸 新築工事

201309tamakitei58.jpg

リフォーム概要

住所

神奈川県 鎌倉市

工期

5ヶ月半(仮設の橋工事も含む)

工事費用

2550万円(税別)

内容

木造2階建て新築工事

   

今回の新築は・・・「和」テイスト

元は銭湯だった古い建物を解体し、新築住宅を建てることになりました。古都鎌倉の町並みに溶け込むシックで「和風」を感じさせる建物を目指しました。築150年以上前の古民家の大黒柱を再生使用したり、丸太の形を生かした梁(はり)や、古民家で使われていた引き戸などの建具を積極的に再利用しました。

  過去と現代が融合され、「再生」と「魅力」を感じさせる、斬新なお家が完成しました!




新築 施工中

201309tamakitei01.jpg 201309tamakitei02.jpg 201309tamakitei03.jpg
正面に見えるグレーの建物が今回の工事箇所です。しかしこの前にある橋が横幅が狭すぎて、普通車が通れないい・・・つまり作業の車が敷地に入れないのです。

 
そこで、鉄骨を渡して今の橋の上に更に幅広の橋を掛けることにしました。鎌倉市との協議を幾度となく重ね、ようやく許可を得ることが出来ました。(涙) 元の橋よりも横幅がグッと広がりました。これでようやく建物本体の工事に取り掛かることができます。広い橋はご近所の皆様にも喜んでいただけて、好調なスタートです!
201309tamakitei04.jpg 201309tamakitei05.jpg 201309tamakitei06.jpg
元は銭湯として地元の皆さんに愛された建物です。解体の様子を見て「寂しいね~」とお声を何度も頂戴しました。こちらとしても複雑ではありますが、「ありがとう、お疲れ様でした」の気持ちを込めて作業致しました。 写真中央に見えるのが、銭湯の湯を沸かす「釜」です。ここまで大きなものだとは想定外でした。 解体終盤です。敷地の大きさがあらためて実感されます。
ここで新たな課題が発生!どうやら地盤の状態がよろしくない様子。早速、地盤調査を行うと、対策が必要と判明しました。
 

201309tamakitei07.jpg 201309tamakitei09.jpg 201309tamakitei08.jpg
建物が沈まないように、コンクリート基礎の真下に、耐圧層まで杭を打ち込む作業中です。長~い杭をグイグイ打ち込んで行きます。

 
写真左にあった杭が、こんなに深く打ち込まれています。地層の耐圧層に確実に届くまで慎重に作業を進めます。 家全体の真下に、合計40本以上の杭が打ち込まれました。これで建物が沈下するような心配はありません。
201309tamakitei13.jpg 201309tamakitei14.jpg 201309tamakitei16.jpg
いよいよ基礎工事です。コンクリート基礎の形に合わせて、きっちりと鉄筋を組み入れていきます。

 
コンクリートを流し込むための型枠が出来ました。写真では見えませんが、この枠の中に先ほどの鉄筋組が施されています。 基礎コンクリートが無事に打ち終わり、建物の土台を引きます。ここが肝心!土台を正確に水平に据えていきます。
まさに、「土台が肝心!」
 
201309tamakitei20.jpg 201309tamakitei18.jpg 201309tamakitei24.jpg
さあ、建て方です。晴天にも恵まれ、新しい木の香りに包まれながら、一致団結!力を合わせて組み上げます。今日一日で2階の屋根まで組むぞ~! 見る見るうちに家の形が出来上がっていきます。図面の中の平面でしかなかった、想像でしかなかったものが、ついに目の前にそびえ立つ時です。 2階まで無事に建ち上がりました。施主様と一緒に見上げ、感無量。しばしお互い感動で言葉になりませんでした。
201309tamakitei26.jpg 201309tamakitei25.jpg 201309tamakitei27.jpg
外壁下地には、高い耐震性と防火性能、腐りにくく、シロアリにも強い「ダイライトMS」。建物を頑丈で長持ちさせるには、これです。

 
家としての基本機能の屋根がかかると、雨の心配もなく、作業性が格段にアップします。 建物に重い負荷をかけてしまう瓦は使用せずスレート屋根に(商品名クアッド)。同じ構造の建物なら、屋根は軽い方が地震の揺れを抑えることができます。
201309tamakitei29.jpg 201309tamakitei30.jpg 201309tamakitei32.jpg
柱と梁をつなぐ金物をくまなく取付ます。ぬかりなく確実に!

 
柱が黒く汚れてる!?いえいえ、これは当社推奨の防蟻(シロアリ対策)、防腐剤「エコパウダーBX」。高い安全性と持続性に優れ、人体に無害です。 これが整理整頓と清掃の行き届いた現場です。ちょっと手前味噌ではありますが、まさに理想的!だからいい仕事が出来るのです。
201309tamakitei36.jpg 201309tamakitei33.jpg 201309tamakitei31.jpg
天井や壁に断熱材を隙間なく入れていきます。中央の濃色の柱の樹種は花梨(カリン)の木。和室の床の間を引き立てる主役になります。 階段が出来ました。曲がりのある階段は大工の腕の見せどころです。採寸から裁断、組み上げに正確性が求められます。 建物内の床板は全て唐松(から松)の無垢材を贅沢に使いました。無垢の床板は「樹」そのものの温もりを感じられ、足裏も喜ぶ心地よさがあります。

201309tamakitei62.jpg 201309tamakitei60.jpg 201309tamakitei61.jpg
写真左手に見える柱が、築150年の古民家で使われていた大黒柱。それに製材した丸太の梁を組んでいますが、そこには大工の伝統技法が駆使されています!必見!詳しくはこちらを

 
壁や天井のせっこうボード貼りが終わり、継ぎ目やネジの頭にパテを入れ、壁紙を貼ります。見えなくなってしまう箇所にも手を抜かないのが当社流!右の写真が同じ場所です。 壁紙を貼ると、一気に家らしくまります。「いつもありがとう!いよいよですね」とニコニコしながらお家を見渡すご夫婦の笑顔が、私たちの何よりの報酬です!

力を合わせ、ついに完成!


 
201309tamakitei39.jpg 201309tamakitei58.jpg 201309tamakitei56.jpg
新築の建物に傷をつけないよう、慎重に作業足場の解体撤去中です。常に注意を怠りません。

 
周囲を覆っていた作業足場が取れ、ついにその全貌が!青空に凛としてそびえ立つ、新居の完成です! では玄関からご案内いたします。黒く見えるは灰炭入りモルタル仕上げの土間。上り口のステップは国産松の無垢板仕様。最近ではここに本物の木を使うお家は希少です。はい。自慢です。
201309tamakitei53.jpg 201309tamakitei42.jpg 201309tamakitei45.jpg
当社制作の粋な「銭湯風の靴箱」。ここに使われている鍵は、以前この場所に建っていた銭湯の下足入れからの再利用です。銭湯の面影を残した逸品です。 玄関とリビングをつなぐ建具。これは解体されてしまう古民家からの再利用です。この色合いは、年数を経たものでしか醸し出せない、深い味わいがあります。 こちらがリビングです。広くてカメラに収まりきれません。ポイントは無垢の床板と古民家で使われた大黒柱、丸太から製材した天井の大きな梁(はり)です。

201309tamakitei46.jpg 201309tamakitei48.jpg 201309tamakitei47.jpg
開放感のあるキッチン。お料理中でも顔を上げればリビングが見渡せます。家族や来客との会話も弾みます。 正面の2枚引き戸も古民家からの流用品です。天井の古風な照明は、ご主人様自らネットで探し出したものです。 キッチン背面に設置した、大容量収納です。現場のサイズに合わせ、使いやすさを追求して当社が製作した完全オリジナル。

201309tamakitei63.jpg 201309tamakitei65.jpg 201309tamakitei66.jpg
和室の大きな障子戸。この和室に使われている戸、建具の全て、古民家からの移設流用です。本物だからこそ、そこからは凛とした雰囲気が漂ってきます。 丹念に緻密に作りこまれた床の間。今時これほどまで本格的な和室がある新築は、まずありません。久しぶりの床の間製作に、ベテラン大工さんによる入魂の傑作です。 押し入れの引き出しと、粋な4枚引き戸。捨てられてしまう運命だった引き戸たちも、新たな居場所に仲良く並んで嬉しそう。昔の職人の繊細な仕事ぶりにも脱帽です。

201309tamakitei52.jpg 201309tamakitei70.jpg 201309tamakitei68.jpg
トイレ内の手洗い台。和風の雰囲気が溢れる陶器製。台の天板はタモの木の皮付き。下には扉付きの便利な收納スペース。これはどこにも売っていません。当社オリジナル製作品です。 建物内の廊下に至るまで、敷き詰められた、本物の木でできた床板です。今の住宅のほとんどでは、木に似せたプリント板や、木とは全く違う物質で作られた床板がほとんど。無垢の木板は希少なのです。 よく見かけるフチ付きの長方形の畳はあえて使わず、フチ模様のない正方形の琉球畳を使用。室内がスッキリと広く感じられます。


▼トップに戻る

     

リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム

藤沢市を中心に湘南エリアにお住まいの方へ

リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム
お問い合わせ リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム 無料お見積もり リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム 資料請求 リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム

営業エリア
神奈川県小田原、箱根、二宮、秦野、伊勢原、厚木、大磯、平塚、茅ヶ崎、
藤沢、鎌倉、逗子、横浜、横須賀、三浦

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
Copyright © 2012 有限会社季木里 All Rights Reserved.