リフォームを藤沢でお考えなら季木里

リフォーム 季木里 藤沢

<タイトルは、↓のH2タグをそのまま使うようにされて下さい>

小田原市 内外装一新まるごとリフォーム

2016 03 fukawatei03.jpg

リフォーム概要

住所

神奈川県 小田原市

工期

約2ヶ月

工事費用

1500万円(税別)

リフォーム内容

屋根、外壁、内装一式、お家まるごと一棟完全リフォーム

 

当社のパワー全開で挑みました!!

築40年以上になるお客様のお宅を、柱や土台を残し、屋根・壁・床を全て撤去しての一棟まるごと大胆リフォーム。残した柱や土台さえ、傷んだものは入れ替え、必要箇所には柱や筋交い(すじかい)を増やし、生活に合わせて一部間取りも変更。
やりがいのある内容に全力投球で臨みました!!


 


建物外観、ガラリと変幻

    施工前      施工中       施工後
2016 03 fukawatei01.jpg 変換 ~ 画像 047.jpg 2016 03 fukawatei02.jpg
40年前という時代を感じさせる外観。外壁も木製で、ペンキはハゲ落ち、一部の壁は腐って雨が吹き込むような状況。 古い外壁を全て取り払い、透湿防水シートで覆います。この時点で雨水の侵入が一滴も無いよう、微細にこだわりながらシートを貼ります。実際に雨が何度降っても水は全く入らないことを確認しました。 壁の色と白い窓枠がベストマッチ。窓枠と外壁が接するところは、雨水の侵入に特に注意する所。そのすき間を完全に埋めるように充てん材でしっかりガードして外壁の施工完了。




同じ場所を写真6枚で見る、工事の流れ

2016 03 fukawatei08.jpg 2016 03 fukawatei05.jpg 2016 03 fukawatei37.jpg
施工前のお部屋のようす。収納に収まりきれない物がお部屋に溢れ、雑然とした様子。そのためここに大きなウォークインクローゼットの設置をご提案。 天井・壁・床を解体し、ほぼ柱だけの状態に。土がむき出しの床下には防湿のためコンクリートを流し、均一に丁寧にならします。 床下の土台骨組から全てやり直し。床を支える束(つか)を鋼鉄製の物に入れ替え、レーザーを使い床が水平になるよう調整しました。
2016 03 fukawatei16.jpg 2016 03 fukawatei36.jpg 2016 03 fukawatei20.jpg
古い壁を撤去すると、40年前の建築当初の材料の切れ端や、おがくずなどが積もるように残されていました。もちろんキレイに清掃。我々の工事では、そんなクズ汚れを残すことは考えられません。 壁に断熱材を入れ、石膏ボードを貼ります。天井や壁がしま模様にみえているのは、ボードの継ぎ目やネジの頭を消すためにパテを入れたためです。これをペーパーヤスリでゴシゴシ一所懸命しごいて、平滑にします。良い仕上りには欠かせない作業です。
広々ウォークインクローゼットの完成施工前の左上の写真と見比べても、同じ場所とは思えないかもしれませんね。
お客様への引渡し前のクリーニングも徹底して行い、自信を持ってお渡し出来ました!





2階トイレ完全リニューアル       

    施工前      施工中       施工後

2016 03 fukawatei15.jpg 2016 03 fukawatei38.jpg 2016 03 fukawatei27.jpg
良く言えばレトロな雰囲気…とも言えなくもない旧式トイレ。近くでみると、掃除しても落としきれない、長年の積もった汚れ、シミで不衛生に見えてしまいます。 左の写真と同じ場所です。全て撤去し、排水管も全て新しくやり直しました。腐っていた筋交いも新しく入れ直しました。 以前の面影は全く感じさせない、現代のトイレに生まれ変わりました。工事中、こちらのトイレを当社の作業員が使うことはありません。完璧に清潔な状態でお客様に引き渡すべきと、当社の考えからです。
 

1階廊下が一新!            

    施工前      施工中       施工後
2016 03 fukawatei09.jpg 2016 03 fukawatei39.jpg 2016 03 fukawatei23.jpg
いかにも古そうな、うす暗い廊下。この天井裏には野生動物が侵入した形跡もあり、徹底して全て撤去し完全リセットします。 天、壁、床をやり直し、耐震性向上のため、柱も追加して建物強度をアップ!多少の作業時間はかかっても、これから先のお客様の安心がずっと続くと思えば、しっかりやらねばなりません! どこかの高級旅館!?と見間違えるほどの出来栄え!暖色系の照明で落ち着いた雰囲気に。
 


2階和室が洋間へ変身          

    施工前      施工中       施工後
2016 03 fukawatei12.jpg 2016 03 fukawatei33.jpg 2016 03 fukawatei19.jpg
2階の和室です。室内の塗り壁や畳から、うっすらとカビ臭が漂う、健康に悪そうなお部屋でした。 スッキリ全て撤去し、補強のために壁に筋交い(すじかい)を入れ、建築用の補強金物で各所をガッチリと固定しました。
完全な強度を実現するために、ビスの打ち方や角度にまで気を配ります。
ここがもとは和室だったと誰が想像できるでしょうか?天井、壁、床、全て現代の基準で仕上がっています。ほぼ新築ですね。

階段室がシックに            

    施工前      施工中       施工後
2016 03 fukawatei13.jpg 2016 03 fukawatei18.jpg 2016 03 fukawatei24.jpg
見た目にはわかりませんが、この階段、段板が水平にたいらではなく、歩くとフラつくとっても危険な状況でした。 緑色のテープがみえますが、これは新しい段板に傷をつけないための養生板を貼ってあるためです。この気遣いがあってこそ、仕上がりの良さに反映されるのです。 いかがでしょう?明るい色の段板にすることで気分も変わりますね!壁紙の色もセンスを感じさせます。
 

2階 明るい書斎            

    施工前      施工中       施工後
2016 03 fukawatei14.jpg 2016 03 fukawatei tuika02.jpg 2016 03 fukawatei26.jpg
歩くと床がブカブカし、床自体も傾いていて、正直、気分が悪くなりそうなお部屋。 仕上がってしまえば見えなくなる壁の内側でも、手を抜かずちゃんと補強も入れ、確実に施工しました。 床の水平も取り直し、スッキリとした明るい雰囲気の書斎になりました。これなら何時間でも快適に過ごせそうですね!




元は押入れがシャワールームに変身    

   施工前      施工中       施工後

2016 03 fukawatei11.jpg

2016 03 fukawatei tuika208.jpg 2016 03 fukawatei tuika204.jpg
廊下にある押入れ収納スペースです。お客様のライフスタイルに合わせたご要望から、ここにシャワー専用ルームを作ってご覧にいれます。 ベニヤ板一枚分のスペースですが、大工はもちろん、給湯、給水、排水、電気、換気配管と作業は複数の内容に渡ります。そこでの職人同士のしっかりとした連携が取れてこそ、完璧な完成が約束されるのです。 清潔でスッキリとしたシャワールームの完成です。元は押入れだった場所がこんなにも有効に使えると、ライフスタイル質もグッと上がりますね。



屋根のやり替えと1階トイレの移設    

   屋根作業中   屋根工事完了  移設した1階トイレ

2016 03 fukawatei tuika206.jpg

2016 03 fukawatei tuika205.jpg 2016 03 fukawatei tuika203.jpg
過酷な環境にさらされる屋根こそ、確実な施工が求められます。ミスの無いよう、作業に集中して行います。 屋根は、普段の生活では存在すら忘れられてしまうものですが、客様をお守りする大切で重要な存在であるとの自覚を胸に、施工を終えました。 この写真は夜に撮影したので、うまく雰囲気が伝わらないかもしれませんが、日中は大きな窓から光が降り注ぎます。その心地よさに思わず長居してしまいそう。





 その他、快適な環境のために         


  白アリ避け塗布   床下断熱材     天井断熱材
2016 03 fukawatei tuika01.jpg 2016 03 fukawatei tuika03.jpg 2016 03 fukawatei tuika04.jpg
家を食い荒らす危険な奴ら…そう、白アリです。そんな被害を防ぐため、白アリ避け専用剤を、塗り残しの無いように隅々まで塗り込みました。 断熱材がなければ暑さ寒さが身にしみます。ガラスに結露が付くように、これを床下に入れないと、床板が結露したような湿った状態になり、板の劣化も招いてしまいます。 天井からの熱や冷気を遮り、冷暖房効率のためにも、今や断熱材は必需品です。出来る限り隙間ができないように敷きつめるのがキモ。
 確実な床下配管   耐震補強金物   基礎と土台の固定
2016 03 fukawatei tuika207.jpg 2016 03 fukawatei tuika201.jpg 2016 03 fukawatei tuika202.jpg
床板にふさがれて見えなくなってしまう場所ですが、給水管や排水管は、日々の生活の生命線とも言える存在。そこに手抜きは許されません。 ここにある耐震補強金物は今回使用した物のほんの一部。確実な強度が保たれるように、ビスの打ち方や角度にまでこだわり、しっかり取付ました。 建物を頑丈にするには、まず足元から。基礎のコンクリートと建物の土台をつなぎとめるアンカーが明らかに不足していたので、必要箇所にビシッと増設。

 

 

 

工事を振り返って…「見えないものの大切さ」を実感

2016 03 fukawatei17.jpg 今回は久々の大規模リフォーム。約2ヶ月に渡る工事期間中に感じた「大切なこと」。
どれも目には見えない、形のないものですが、その大切さを改めて実感したものとなりました。


「建物の大切な箇所は、見えない所にある」
・・・建物の表に見えているところには、必ず裏側があります。屋根裏や天井裏、壁の内側、床下など。建物の約半分は普段見えない所にあるのです。その裏側こそ、建物の強度や寿命、快適さと深く関わっているのです。
我々はお客様からの信用、信頼を受け、そこでの確実な作業を行う使命がある。それが職人としての誇りでもあります。


「職人の連携」
・・・一つの建物を完成させるためには、多くの職種が絡み合い、たがいの連絡やコミュニケーションが重要です。当社の職方さん達は、みな良く気心知れた仲間達。職人同士の連携が取れてこそ、良い仕上りに結びつくのです。


「お客様との繋がり」
・・・毎日お会いして何気ない会話を重ねるうちに、親近感や、親しみが湧き上がると同時に、人同士の「となり合う心」とでも言うべきか、同じ目標を目指す一体感のようなものを感じます。こうなると「よし!○○さんのために、良い仕事しなくては!」とモチベーションも俄然アップするのです。
作業をする者にとって、お客様の喜びが何より嬉しく思います。
「うわぁ~良くなった!ありがとう!」こう言われるだけで本当に嬉しく報われ、それが何よりの報酬なのです!



リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム

藤沢市を中心に湘南エリアにお住まいの方へ

リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム
お問い合わせ リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム 無料お見積もり リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム 資料請求 リフォーム 季木里 藤沢 自然素材 リフォーム

営業エリア
神奈川県小田原、箱根、二宮、秦野、伊勢原、厚木、大磯、平塚、茅ヶ崎、
藤沢、鎌倉、逗子、横浜、横須賀、三浦

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
Copyright © 2012 有限会社季木里 All Rights Reserved.